<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.11.11 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

桑田真澄氏講演会

 
昨日は、愛知私学のオータムフェスティバルの中のひとつ、
桑田真澄氏の講演を聴いてきました。 娘もいっしょに。

桑田垂れ幕

式典が始まる前に、ちょっと早く高校に着いて学食でお昼を…。
娘の卒業校なので ( 現在の次男の高校でもある ) 、勝手知ったる…
なのです。

昨日はこれを食べました。

同朋ランチ

『 唐揚げおろし定食 』 400円。

お皿に盛りつけてトレーに乗せてから、おばちゃんが…
『 ごめんなさい、大根おろしがちょっとしかなくなっちゃって。
 代わりに野菜を多くしときました。 』 って〜!

ちょっとぉ〜〜、盛りつける前に教えて頂きたかったわ〜。
大根おろしがタップリだから美味しいのに〜。
ま、我慢しましたけどネ。  

お昼を済ませたら、職員室へ。
入試の直前に、何時間も面接の練習をして下さった担任の先生に
合格の報告とお礼を…。
( 大学から学校へも通知が来ているハズなのに、 「 受かった!? 」
 って、今初めて聞いたような感じだったけど…まだ先生は知らなかった
 のだろうか…? )

「 あ〜よかったよかった! 」 と手を出して下さった先生に、両手で
握手して、 「 先生が長時間、面接の練習をして下さったおかげです。 」

( ま、夜中まで私も面接官役をやらされて付き合わされたけど…。  )

『 これで心配だったヤツ、全員受かったわ〜 』 と先生…。
ほぉ〜よかったよかった。 いつもご心配おかけして、すまんこってす…。

さて、もう式典開始の時間まであと10分。
職員室から体育館へ移動しました。

高校生の寸劇や群舞、お偉いさんの固いお話のあと、午後2時半〜
いよいよ桑田さんの講演会です。

子供の頃はドラゴンズファンだった私。
今はあまり野球に興味がなくなっておりますが、
元ジャイアンツの選手となれば、尚更のこと詳しくは
桑田元投手のことを知りませんでした。

でも、講演の前に体育館ステージのスクリーンで観た
今までの桑田さんの輝かしい野球人生の歴史と2度の大ケガで
苦しんだけど復活したことなど…すごい人だったんだな…と
あらためて思いました。

桑田さんは、とぼけた面白さがありました。
喋りが上手いかというと、決してそんなことはないのですが
よく笑わせてもらいました。

サービス精神も旺盛で、自分と同じ4月1日生まれの人に
握手&サイン色紙をあげたり、質問してくれた人にも色紙を…。
他の聴衆からは、 『 いいなぁ〜! 』 の声が上がっていました。

宝物を持ってきたと言って、PL高校時代のユニフォーム、
巨人に入った時のユニフォーム、アメリカのユニフォーム
( いくつかありますね ) など。。。全5着を、会場の聴衆の中から
選んだ5人の人にステージに上がってもらい、1着ずつ
着ていいですよ、って〜。
それを着て、席の周りの人にも見せてあげて下さい、って。

さて、内容ですが…タイトルは  『  試練が人を磨く  』  。

桑田さんは 「 努力することが好き 」 なんだそうです。
楽しいんだそうです。 私には耳が痛いなぁ…。 (;^^A
反対だからなぁ…。

今まで何度も挫折があったそうですが、そのたびに
「 だるまさん精神 」 で起きあがってきたとか…。
その詳しい内容も話してくれました。

おもしろかったし、感動もしました。

『 現役時代、いちばん嫌だったバッターは誰ですか? 』
の質問には、 『 右バッターではやっぱり清原君ですね 』 と答えました。

PL高校に入って初めて会った時に、まず体の大きさに
ビックリしたそうですが、練習で打撃を見た時の衝撃が
今でも忘れられないんだそうです。
『 これが同い年か!? 』 とかなり衝撃を受けたらしいです。

『 左バッターではやはりイチロー君。 彼は道具を本当に大切に
 するんです。 野球に対する姿勢が違いますね。 』

印象に残っている言葉はたくさんあるのですが、全部書いてるとキリが
ありませんので… 

「 桑田真澄 」 でネット検索しても書いてないようなことを、
たくさんご本人から聞くことができて大収穫でした。

「 もうダメだ…  」 と思った時には、  「 上ばかり見ないで、
半分下を向いて歩こう。 自分は目も見える、耳も聞こえる、歩ける、
両手足もある…。 世の中にはそれらに恵まれてない人たちがたくさん
いる。 それを考えたら、どんなに自分が恵まれているのかに気付く。 」

その通りですよね〜。

もっともっとたくさんあるけど、ダメだ…キリがない…。
この辺にさせて頂きます。 m(_ _)m


さて今日は、またまたオータムフェスの中のひとつで、 「 島田洋七氏 」 の
講演を聴いてきました。 1時間以上笑いっぱなしでした。
 
でもその中にも、ジーンと来るお話も、 「 なるほど、そうだよなぁ〜 」 という
お話もあって、笑い過ぎと感動とで目尻から涙が出てきました。

人の話を聞くということはいいですね。  いろいろとお勉強にもなるし。

明日は私のすぐ下の妹と、お昼をいっしょに食べる予定です。 
また娘もいっしょに…。

明後日は久々の託児。
また帳簿と家計簿がたまりにたまってます!

北海道旅行記も早く作りたいけど、まだまったく手をつけられないでいるし…。
う〜〜〜、忘れそ〜〜〜



引っ越してきました♪ / 乙武君レポート(簡単に)


今までgooブログで日記を書いてきましたが、記事を書いている途中で、それまで書いた長い文が一瞬にして消えて、ガーン…! もう書き直す気力が出ない…ということがたびたびあるので、思い切ってお引っ越ししてみることにしました。こちらでもよろしくお願いします。m(_ _)m



さて、gooブログで書こうと思っていた、安城学園の体育館であった10月26日の乙武君の講演レポート…、目が痛くてなかなか書けないままになってしまっていました。

オータムフェスチラシ

先日、目がちょっと良くなったかなぁ?と思ったので、途中までgooブログで書いたのですが、その長文も例によって一瞬にして消えました。もうダメだ…書き直す気力はありません。でもせっかくだから簡単にだけ、ここに書き留めておこう…。

乙武君は、いつものあの電動車椅子で颯爽とステージまでのスロープを通ってご登場!私は娘と早く行ったので、前から5列目の椅子に座っていましたが、講演が始まってから、ふと周りを見渡してビックリしました!体育館の周囲の壁づたいに3列にもなって聴衆がギッシリ!そして、2階の観覧席(っていわないかな?)にも3列くらいになってギッシリ!乙武君もビックリしていました。

さて、講演を始めた直後、「ドカッ!」という音がしたと思ったら、乙武君が、「うわっ!大丈夫!?」と声を掛けました。何かと思ったら、最前列の椅子に座っていた1歳くらいの男の子が椅子から滑り落ちたようでした。「わ〜、泣かないな〜、強い強い!」って、乙武君は優しくて気さくでした。「うちも実は10ヵ月になる子供が居るんですけどね…」と言うと客席からは盛大な拍手が…。へぇ〜♪ 知らなかったよぉ〜、すごいなぁ〜!


講演の内容はというと…

7年間つとめたフリーのスポーツライターを辞めて昨年4月から就任している、小学校の教諭の仕事をする中でのお話。

何年か前の、衝撃的な事件の例(|忙卉羈慇犬赤ちゃんをさらってハサミで傷つけて駐車場から落とした。⊂学生の女の子がクラスメートの女の子をカッターで切り殺した。)を挙げて、『もちろんいちばん可哀想で気の毒なのは被害者とその遺族。でも、加害者になってしまった側の子も可哀想だ。誰でもオギャー!と産まれてきた時には幸せになりたいと思ってるはずなのに、環境によって変わってしまう。周りの大人が、子供が出してるSOSに気づいてあげられれば…。」というようなことを話されました。

あと、小学校の教諭になって子供たちを見ていて、昔の子供たちと今の子供たち、本質的には変わってないな…と思ったそうですが、ひとつビックリしたことがあるそうで…。それは、遊びの内容の変化。週に1回、校庭開放の日があるそうですが、たくさんの子供たちが利用しに来る…それはいいのだけど、校庭はガラ〜ン…としている。ハテ???と見ると、みんな石段に座ってお互いに背を向け、それぞれに任天堂DSをやってる!これには衝撃を受けた!ということでした。私もトワイライトスクールのアシスタントパートナー(要は子供の遊び相手)を以前やってたから、そういう光景は当たり前のように見てきました。


何だかねぇ〜… って感じですよね。でも乙武君、『それは子供の責任じゃない、ゲームを作ったのは誰?大人ですよね。インターネットで悪口を書かれたから殺した、っていう子供の事件でもじゃあ、パソコンを作ったのは誰?インターネットができるようにしたのは誰?みんな大人です。子供たちはその環境に対応せざるを得なくさせられています。』と。

私も昔から思っていました。ゾンビか何か知らないけど、どんどん殺しながら進んでいくゲーム。あんなグロテスクな恐ろしいゲームソフトをなぜ大人は作るの!?儲け主義で利益第一の世界…。腹立ちます。うちの子供たちも昔やってて、それを見た時の私のショック…。

それを咎めると、「相手は人間じゃないし。ゾンビだから関係ない」って言ってたっけ…。相手が何かだなんてことは関係なくてさ〜!アンケートで、「人は死んだらまた生まれ変わる」と答える子供たちがかなり多いのにもほんとに衝撃を受けますよね。リセットが効くと思っている…。こわい…。

さて、暗い話ばかりになってしまいましたが、乙武君のお話は本当に楽しくておもしろくて…話し方がとってもお上手だったんです。それに、イケメンだしね。 ステージの乙武君の向かってすぐ右上には、大きなスクリーンが設置してあって、乙武君のお顔がどアップで映し出されていました。実は私、前から乙武君のお顔、好みで…。

もっちろん、タッキーもウエンツ君も徹平くんも、最近はDAIGOと上地君も。デッヘッヘ…。低レベルの話になってきましたね。 そろそろこの辺でやめようっと


では、またそのうち更新しま〜す。(ホントかなぁ〜?

1

フルーツメール

おススメです♪

search this site.

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

  • このゼリー、食べる勇気はありますか?
    ナッツ
  • このゼリー、食べる勇気はありますか?
    mami
  • このゼリー、食べる勇気はありますか?
    ナッツ
  • このゼリー、食べる勇気はありますか?
    カコ
  • プジョーって運転しやすい…?
    ナッツ
  • プジョーって運転しやすい…?
    カコ
  • ホルモン補充療法
    ナッツ
  • ホルモン補充療法
    カコ
  • ホルモン補充療法
    ナッツ
  • ホルモン補充療法
    カコ

links

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM